brexitとは?その影響!(イギリスがなぜ離脱したいのか)

ブレックシートのために世界が騒いでいます。
ブレックシートと「Britain(イギリス)」と「Exit」を合わせて作った言葉です。
イギリスが離脱することを意味します。

ヨーロッパ旅行に行って来た人は、よくご存知だと思います。
Euro(ユーロ)で通貨も一になって、それぞれの国を旅行通う時、別に両替をする必要はありません。
もちろん、イギリスはポンドを別に使っていますが。

通貨だけでなく、1つのブロック(EU)に含まれることで、貿易等における壁が低くなりなるのでメリットも多いのが事実です。

欧州諸国が連合して作ったのがEUですが。ここで、イギリスがなぜ離脱したいのか。

ブレックシート(Brexit)という言葉をどこかで聞いた感じしませんか?
おそらく「グリッグシート」からでしょう。
これは、Greece + Exitです。
2010年度にギリシャが国家の危機を合わせながら、ヨーロッパの主要国である
ドイツ、フランス、イギリスなどは、利害関係・意見の相違がありました。

ブレックシートだけでなく、フランスが、ポーランドも欧州連合離脱の話をしたことがあってプラクシート、ポルレクシートのような言葉も出てくるでしょう。

イギリスはなぜブレックシートを考えているか。
一言で言えば、損害があると思うからです。

イギリスは 欧州連合の中でも豊かな国なので、毎年、大きな 負担金出しています。
しかし、 大事な決定は、より力のあるドイツとフランスが主導して決定権をより多く持っているので、不満が生じるしかないです。

さらには、シリア内戦によって難民がヨーロッパに集まっている状態で、
イギリスに、他の国の人々がたくさん移民してくると、税金も多く使わなければならず、仕事も減るため、イギリス国民も大変な状況です。

政治家は、難民を受け入れることも、受け入れないこともできない状況です。
受けない理由は、EUからの圧力があるためでう。

ブレックシートが行われるようになると、
他の国々までドミノのように相次いで離脱することになる可能性が高いです。
もしくは、出たくないけど、利益のため出たいふりをする国もでるでしょう。

ブレックシートを反対して、ユーロ圏に残らなければならないという人々の理由はなんでしょう。
イギリスがEUを出る場合に、より大きな経済的な困難に 直面するだろうという声も高まっています。
欧州連合と経済協定を結んでいる国が50カ国もあるためです。

さらには、イギリスの輸出のほぼ半分近くが、残りのユーロ諸国との取引です。
離脱すると同時に、取引が現在のように自由にできません。
また、イギリスの最大の強みである、キャッシュカウな金融商品に打撃もあるでしょう。

1.ギリシャ、スペインなどによって、欧州連合の財政危機が生じ、被害もあり 、迷惑なので、離脱したい。
2.イギリスでは毎年3兆円に達するお金を入れているが、それに比べて利点も力ので、離脱したい。
3.欧州連合ポリシーに基づいて難民を大量に必要に経済的、政治的な負担が大きいので、離脱したい。

One thought on “brexitとは?その影響!(イギリスがなぜ離脱したいのか)

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *