【ゲストハウス 建築基準法】3階建て以上、また、200㎡以上の物件はお金がさらにかかります!

一般の住宅をリフォームしてゲストハウスとして開業を考えている方は多いと思います。

よくゲストハウスでは用途変更が必要ないので100㎡以下の物件がいいとされていますが、
建築基準法上注意すべき点があります。

住宅をゲストハウス(旅館業)等にする場合「3階建以上」か「200㎡以上」ですと多くの建築基準法の規定にひっかかることになります。
このような希望を考えている方は選ぶ時には注意が必要です。

細かく、調べた結果を以下のようにまとめました。
OmoideHouseを開業するためには、超えないといけない壁ですね。
100㎡以下にする気は、、現在ないので。。。 でもお金がw

Continue reading

My first dormitory guesthouse experience

Jay and I decided to go to Hokkaido for summer vacation. Hokkaido is well known for winter but summer is actually very nice as well.

Anyway, I’m going to write about our Hokkaido trip in another blog. Today I want to write about my first experience @dormitory style guesthouse. In short, I don’t think it’s my style, period.

I went to Hokkaido one day before Jay joined me. So I decided to stay one might at a guesthouse to learn how other guesthouse is like. Since I am staying alone, I decided to stay at a dormitory.

Continue reading

Lifetime event for OmoideHouse

How did we end up with an idea of opening our own guest house, Omoide House??

If I think back, one of the life changing events has occurred in Bergen when we met a German couple at the very first guest house we stayed.

The guest house was like a normal house with 3 rooms and can accommodate just three teams maximum. The owner stays at separate house.

When we were staying, only two teams including us were going to stay. Jay was quite nervous about having strangers in the same house. In fact, I was too. What if we end up with some maniacs??

Continue reading

ゲストハウスの利点・欠点

旅行について興味がある方は、最近多くの方々の口からゲストハウスと呼ばれる宿泊について一回ぐらいは聞くのではないでしょうか。

構成に応じて少なくない人数が共同の部屋で一緒に寝て、共同トイレ、シャワー室などの共同活動を格安料金宿泊です。

価格が安いという利点と一緒に旅行中によく知らない人との親密な関係を得ることができないかという期待感。このような集団生活による大きな利点を有することがあり、逆に大きな欠点が存在する可能性があるので、十分に考慮する必要があるところです。

Continue reading

「寝てばかりの構造、物足りなさ」 …の位置・安全性は魅力的

今回は、韓国のゲストハウス状況について書いてみたいと思います。

韓国でゲストハウス市場が成長することができたのは、韓国を訪問する外国人観光客が大幅に増加したためです。
増える外国人観光客に比べて宿泊施設が非常に不足していたこと。さらに、自由旅行者が増え、高価なホテルや不快なモーテルの代わりにゲストハウスが外国人観光客のための代替宿泊先として浮上した。

ほぼ、日本と同じですね。

外国人が見る韓国のゲストハウスはどんな姿でしょうか。

Continue reading