ゲストハウス、、、、オープンできるかも?!!

資金周りや利益、ビジネス方向、Okamiと色々な場面の事を考えながら進んでおります。
少しずつ、現実に近づきつつある最近です。

物件は見つかっておりませんが、方向性は明確になりました。

いくつかあきらめないといけないことがありますが、
ひとつ、都でのオープンはしばらく厳しいと判断しました。

最近、引っ越しをしたこともありますし、
仕事面でも、全てを捨てて京都に行くことに無理があると判断しました。
京都にゲストハウスはいつかは必ずオープンしたいと思います。

Continue reading

2017年1月のブログ PV数, adsenseの利益, 訪問者数

久しぶりに復活しました!

京都にできるゲストハウス OmoideHouseのブログのPV数,adsenseの利益,訪問者数の発表です!

過去のPV数,adsenseの利益,訪問者数は以下を参照してください。

4月のブログ PV数, adsenseの利益, 訪問者数
5月のブログ PV数, adsenseの利益, 訪問者数
6月のブログ PV数, adsenseの利益, 訪問者数

Continue reading

ゲストハウスのはじめ方?!開業にいくらかかる??!

●ゲストハウスの始め方

ゲストハウスを始めるには、まずこれは必須!!!
・ゲストハウスとして利用可能物件の取得(物件を持っているとすごく楽!)
・簡易宿所営業の許可の取得

●ゲストハウスとして利用可能物件の取得

ゲストハウスとして利用可能物件の取得については、
旅館業法、建築基準法、都市計画法、消防法など、様々な法律が関わってくるので、慎重に調べる必要があります。
Continue reading

【ゲストハウス 建築基準法】3階建て以上、また、200㎡以上の物件はお金がさらにかかります!

一般の住宅をリフォームしてゲストハウスとして開業を考えている方は多いと思います。

よくゲストハウスでは用途変更が必要ないので100㎡以下の物件がいいとされていますが、
建築基準法上注意すべき点があります。

住宅をゲストハウス(旅館業)等にする場合「3階建以上」か「200㎡以上」ですと多くの建築基準法の規定にひっかかることになります。
このような希望を考えている方は選ぶ時には注意が必要です。

細かく、調べた結果を以下のようにまとめました。
OmoideHouseを開業するためには、超えないといけない壁ですね。
100㎡以下にする気は、、現在ないので。。。 でもお金がw

Continue reading

北海道、行ってきました!!

土曜日、日曜日、月曜日を使って、二泊三日の北海道の旅に行ってきました。
本日は、目次のような形で、簡単にルートだけ紹介します。

写真が膨大にあるので、整理してからOkamiと分担して書いていきたいと思います。
まず、今回の旅行のテーマは「ノープランでどこまで楽しめるか!」です。
基本、私たちの夫婦は細かいプランは決めないで、旅行をしています。
もちろん、今回もそうです!

Continue reading

My first dormitory guesthouse experience

Jay and I decided to go to Hokkaido for summer vacation. Hokkaido is well known for winter but summer is actually very nice as well.

Anyway, I’m going to write about our Hokkaido trip in another blog. Today I want to write about my first experience @dormitory style guesthouse. In short, I don’t think it’s my style, period.

I went to Hokkaido one day before Jay joined me. So I decided to stay one might at a guesthouse to learn how other guesthouse is like. Since I am staying alone, I decided to stay at a dormitory.

Continue reading

Why is Airbnb so popular?

Airbnb is very popular, but not really in Japan, just like everything else such as Uber.

The rise of the sharing economy is the reason behind the population of Airbnb. From supplier’s point of you, when you are not using your assets, why not share them and make profits out of them. From user’s point of view, you don’t need to own assets but just pay for the usage when you need to use them. So it’s win-win deal.

Continue reading