ゲストハウス開業?!開業にいくらかかる??!

●ゲストハウスの始め方、開業仕方

ゲストハウスを始めるには、まずこれは必須!!!
・ゲストハウスとして利用可能物件の取得(物件を持っているとすごく楽!)
・簡易宿所営業の許可の取得

●ゲストハウスとして利用可能物件の取得

ゲストハウスとして利用可能物件の取得については、
旅館業法、建築基準法、都市計画法、消防法など、様々な法律が関わってくるので、慎重に調べる必要があります。


特に、一軒家をリフォームし、ゲストハウスにする場合には、
『居宅』から『旅館・ホテル』に用途変更が必要です。
職業と一緒で、役割が違うんですよね。
お医者ではないのに医療行為をすると違法のように、物件も、旅館ではないので、
客を泊まらせるのは違法ということです!

必要な設備や構造は物件によってさまざまなので、物件選びの際は建築、消防の最低限の知識は身に着ける必要があります。

●簡易宿所営業許可の取得

ゲストハウスを開始するのに、必要なのは『旅館業許可』です。
『旅館業許可』の一つである『簡易宿所営業』の許可を取得する必要があります。
これも、細かく分けられていて、規模によって様々ですが、ゲストハウスは、『簡易宿所営業』を取得すればよいです!
自分で、全部全部やるのはいいのですが、専門知識がなく、ネットで調べただけでは、痛い目に合う可能性があるので、
お金は少々かかりますが、専門家に依頼やアドバイスをいただくのがいいかもですね。

●開業資金額はいくら??
たくさんのブログに自己資金や開業方法などが記載されており、参考して考えてみた結果となりますが、
自己資金が200~300万円ほどで、創業融資等の活用して、ゲストハウスをオープンする方が多いようです。
創業融資等で借りられるのは、元金もX2ぐらいでしょうから、400~500万円でしょうか?
もちろん、もっと上にはたくさんお金をかけている方が多くいますが、
規模の小さい感じだと、上記の程度だと思います。

この金額は、飲食店などの開業資金と変わりはない感じらしいです。(データによればですが)
ゲストハウス OmoideHouseを開業するために、私たちも自己資金を増やしております。

早く、みなさんに楽しいゲストハウスで会える日を!!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *