桜島火山の噴火、噴煙5km上空まで急上昇…市内まで火山灰

九州南部鹿児島県にある火山、桜島が噴火したと伝えられました。
27日午前、多数のメディアは、この日の午前0時02分頃の火山、島桜島が噴火したと伝えました。
報道によると、分煙はクレーターから5000m上空まで上昇した火山弾は5合目付近まで飛んで行きました。

このような大規模な幅足は3年ぶりに、鹿児島市内まで火山灰が覆われたことが知られました。

鹿児島地方気象台は「まだ被害報告はなかった」とし、 「大噴火」につながる可能性はないと予測しました。
ですが、「火山灰が積もった地域の場合、車の事故が発生するおそれがある」と注意を呼びかけています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *