ポケモンGo、日本で今月サービス…任天堂株価の発売以来、 121 % ↑

拡張現実( AR )ゲーム「ポケモンGo」が、遅くても今月中にはポケットモンスターキャラクターの本場である日本でのサービスを開始する見込みであるとのことです。

ポケモンGoの開発会社である Niantic社は、サーバーの容量の問題で、日本では、ゲームのリリースが遅れていると、少なくとも今月末までサービスを開始すると明らかに!

Niantic社のジョン・ハンク最高経営責任者は最近、フォーブスとのインタビューで、
現在は、日本のサーバーの処理能力が十分ではない」とし「私たちは日本のパートナーとサーバーを維持できるように努力しておりリリースは7月末に行われるものと見ている」と述べました。

任天堂も「ゲーム発売はすぐに行われるものであり、それ以外の場合、7月末までに発売されるだろう」と説明した。
しかし、日本サーバーの複雑さについてよく知っている関係者は、日本の発売日が9月中旬まで延期されることができると予想した。

ポケモンGoの影響で、任天堂の株価は19日一日だけで14.4 %上昇し、3万1千770円で取引を終えた。
ポケモンGoの発表直前の6日に比べて、なんと120.9%上昇したという。

ゲーム一つで、立ち直れないと判断された会社がまた、復活をするのでしょうかね。
mixiのように、メガヒット作を作り上げたりして、、、
ゲーム一つで、世の中が変える時代になりました。
モバイルゲームでは、、、こんな現象は初めてではないでしょうか?
世界が一つになった感じがして、わくわくです。

ポケモンGoのモンスターがどのように生成されるかは不明ですが、
ビジネスとしても使えるような気がします。

ゲストハウスにも万が一、珍しいモンスターが出てきたりしたら、、、広告効果もありえますねw

今後が楽しみです!!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *