フランスのニースでトラックテロ?!!!

フランス、ニースでは、車両一台人ごみの中に突っ込んで、80人以上が死亡し、100人余りが負傷にあったとします。
本当にひどい話です。現地メディアでは、テロと規定して、これを糾弾しています。
関連ニュースを簡略にまとめてみました。

最初、一部ニュースではテロではなく、車両の不注意による事故と判断しましたが、車両の運転者が群衆に向かって銃を無差別乱射したというニュースが伝わると、テロの可能性が大きくなっている状況です。

프랑스_니스_트럭_테러,_튀니지계_소행_사망자_80_(1)
フランスニーステロで、現在までに知られている死者だけでも80人であり、負傷者は100人を超えるそうです。
憂慮点は、負傷者100人のうち、負傷がひどい患者が多く、死亡者はさらに大きくなるという事実です。

メディアによると、現地時間で、14日夜、白のトラック一台が群衆に向かって突進したと、当時はフランスのフランス革命記念日を迎えた人々がに集まったそうです。
テロリストがこれを狙って犯行をしたと伝えられています。
トラック運転手は、未知の言葉と一緒に大衆に無差別銃乱射をし、そのまま突進したようです。

トラック運転手、群衆に向かって銃乱射
50発、近く、撃ったとする容疑者は、現在までに一人だと伝えられましたが、このテロの場所だけではなく、他の場所でも銃声が聞こえたという話もあり、状況はもう少し見守らなければならない状況です。
フランス革命記念日の行事が終わって、人々が散る時を狙ってトラックが突っ込んで犠牲が大きかったのだそうです。

프랑스_니스_트럭_테러,_튀니지계_소행_사망자_80_(2)

銃を撃った点、意図してトラックが市民を殺傷するための目的のために歩道に突進してきたの点を挙げ、フランス政府はこれをテロと規定しています。
これにより、休暇を取っていたオランド大統領が危機的状況に対応するため、現在、急いでパリに戻ってきているそうです。

フランスニーステロ誰の仕業か?
現在のメディアによると、犯人がテロ組織員であることを、極端イスラム主義に一匹狼であることを(一人戦う人)または単純な無差別殺人なのかは確認されていないとしています。
IS信者がフランスのニーステロについて「IS最高司令官の死亡に伴う報復措置だ」と主張しているとします。
フランスのニーストラックテロが発生した直後にIS関連メディアでは、この間オマル・アル・時シャニの死亡による報復措置であることを明らかにし
これはほんの始まりに過ぎないという意を表したそうです。

フランス国境が祝祭の間に事件発生
また、 snsを通じて#オマル・アル・シシャニのための攻撃というハッシュタグをつけて、インターネット上で広めているとします。結果的に今回のテロは、 IS素行の確実に見えます。
この切ない瞬間でも幸いよかったことは、犯行に使用されたトラックから大量の武器や手榴弾が発見された点です。
警察が迅速に対応して、現場で射殺したので、より大きな被害を防ぐことができました。
手榴弾の爆発物まで考えただけでも恐ろしいです。

すでにフランスは、昨年、11月に発生したパリの連鎖テロ当時の国家非常事態を宣言したが、
その時よりも大きな被害があると推定され、西側諸国とISとの間の戦争は極に値閉めると見えます。

トラックでフランス系チュニジアの身分証明書を発見
一方、今回のフランスのニーステロ犯人は31歳のチュニジア系フランス人であることが確認されました。
身分証が発見されたもので、これ偽造かどうか、もう少し調査が必要に見えるようですが、身分証はニースの居住者になっており、近いうちに、実際にするかどうかが明らかになるとみられ、
フランスのメディアでは、犯人はチュニジアで生まれたニース住民と報道した状態です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *