増税 10% 引き上げ 2年後 先送り 延期!

安倍首相は、主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)での議論を踏まえ、2017年4月から消費税率10%への引き上げを先送りすることにしました。
世界経済の情勢を2008年のリーマン・ショック直前と似ていると分析しているようです。

色々と、問題がある増税ですが、オリンピックの目の前の時点、また総理大臣の任期が終わるであるタイミングの先送りは何の意味があるのでしょうか。

そもそも、8%に上がってから景気にいい影響は薄かったのと公務員の給料だけが上がりました。

さらに、このように期限は言うべきではないと思います。

期限を設定すること自体が「デフレ効果」創出につながってしまい、政治決断効果が薄くなりやすいです。

2016年9月末まで、住宅などを購入すると消費10%ではなく8%のままだったので家を購入された方も多いと思いますが、キャンセルなども多くなるはずで、不動産や建築関連は潰れる会社たくさんだと思います。

また、延期ではなく凍結するのが正しいと私は思います。
誰のための政策かをちゃんと考えて欲しいです。

選挙権はない外国人ですが、ちゃんと税金払ってますから!!!!!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *