墜落エジプト旅客機の乗客のほとんどのヨーロッパ人・エジプト人

地中海で墜落したものと推定されるエジプト旅客機の乗客のほとんどは、ヨーロッパとエジプト国籍であることが明らかになった。

エジプト民間航空部、現地のマスコミに発表した内容と外交筋によると、同日午前エジプト航空MS804旅客機が地中海で交信が失われる当時の飛行機は66人が搭乗したことが把握された。

このうち、乗客は皆56人である。

エジプト人の乗客が30人で最多だったフランス人は15人で、次いで多かった。

また、イギリス人1人、ベルギー人1人、ポルトガル人1人などのヨーロッパ国籍もある。カナダ人1人が飛行機に搭乗していた。

中東出身の乗客には、国籍別にイラク(2人)、サウジアラビア(1人)、クウェート(1人)、アルジェリア(1人)などである。
乗組員は10人で、すべてのエジプト国籍である。

航空会社によると、乗務員は機長と副機長、客室乗務員5人、セキュリティ担当3人などで構成された。

エジプトのある消息筋は「エジプト政府が搭乗者の国籍をまだ公式発表をしていない限り、国籍別現況が変更される可能性もある」と述べた。

また、大変な事故が起きました。Okamiがイギリスにいて、先週はフランスにいたので、こういうのを心配してました。

みんな平和にいきていきましょう。

お願いします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *