バナナ絶滅の危機パナマ病

バナナを絶滅の危機に追い込むパナマ病は、一体どのような病気でしょうか?

20160517-03

バナナ癌と呼ばれるパナマ病気になったら
木の葉が黄色くなって、
バナナが腐ってしまうことになるようです。

カビの一種であるパナマ病の問題は、
感染と拡散速度が速く、
一度拡散されると、対策がないようです。

バナナが地球上で消えるという考えは、
一度もやったことがないのに
パナマ病が原因で
バナナ絶滅の危機という衝撃的なニュースがありました。

20160517-02

現在、全世界に流通しているバナナの品種は、
カバンディッシュと呼ばれる単一の品種で、
人類が最初に食べたグロスミセル品種は
パナマ病の伝染と拡散に
品種自体が絶滅されてしまったそうです。

遺伝子が同じ一つの品種は、
伝染病に脆弱な弱点を持っているためで、
同じ遺伝子を持つ単一の品種は、
同じ病気による伝染病が急速に広がるようです。

カバンディッシュはグロスミッシェルより糖度も低く、
商品性良くないが
グロスミシェルより伝染病にもっと強く
今まで、その品種が生き残って
私たちが食べていることとなります。

カバンディッシュの品種も、パナマ病が原因で
絶滅の危機とはいえ、
人間は、約400以上のバナナの品種の中で、
大量栽培可能な品種を見つけて栽培して
流通することを諦めないとは思いますが、、、

ダイエットする人には、主食と同じで、
デザートおすすめは絶対欠かせないバナナ,,,
地球上に神が創造された万物の中
もう絶滅されることがなければいいですね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *