台湾 規模5.5の地震が発生

【地震情報】 2016年4月28日3時19分頃に台湾高雄北東131kmの地域で規模5.5の地震が発生

台湾東部で一晩の間に地震が26回発生して住民が不安を感じている。

27日(現地時間)午後11時17分から翌日の午前8時までに合計26回の地震が発生したと報道した。 台湾東部には、一晩の間に3回の大地震があった23回の余震があった。最初の主要な地震は27日夜11時17分に台湾花蓮の北東で、震源の深さ10km、強度5.6の地震である。以後強度5の地震がイランと花蓮間の区域で検出された。 28日午前2時19分(現地時間)に高雄から北東に131km地点離れたところで、震源の深さ18.2km、規模5.5の地震が発生した。 台湾気象庁局長シンチャイチンは「一晩の間に3回の大地震が、他の三ヶ所で発生するのは非常に異例なことだ」と説明した。台湾地震による被害状況はまだ知られていなかった。

20140428

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *