ゲストハウス&民泊利用時 利点・欠点

旅行について興味がある方は、最近多くの方々の口からゲストハウスと呼ばれる宿泊について一回ぐらいは聞くのではないでしょうか。

構成に応じて少なくない人数が共同の部屋で一緒に寝て、共同トイレ、シャワー室などの共同活動を格安料金宿泊です。

価格が安いという利点と一緒に旅行中によく知らない人との親密な関係を得ることができないかという期待感。このような集団生活による大きな利点を有することがあり、逆に大きな欠点が存在する可能性があるので、十分に考慮する必要があるところです。

g1
■ゲストハウスの利点

1.低価格
1人当たり2000円台のや3000円前半の金額 (ドミトリーの場合)

2.複数の初めて見る人との縁が発生することができる。
旅行中に旅行の話を交わし情報を共有もして、一緒に時間を過ごしたり、簡単なパーティーが発生する確率がある。

3.ゲストハウスサービス
簡単に周りの情報を得ることができたり、ガイドをサービスを提供したり、簡単な朝食を提供しているところがあり、これらのサービスの提供を受けることができます。

g2
■ゲストハウスの欠点

1.共同宿泊による不快感
夜遅く入ってきたり出たり、他人の動きや音で、眠れない要素が非常に多いです。
実際にこのようなものに敏感た方は、ゲストハウスを予約しても、個室を予約する方が多いようです。

2.盗難の不安
実際に盗難を防止するために、フロントに貴重品を保管たりロッカーを提供するところがあります。しかし、このようなものがない場合もあります。
このようなことがないところでは、盗難を心配している方の場合には、これらの場所で不安を感じることができます。

3.制御がされていない場合が多い。
実際ゲストハウスを通えば親しくなる場合があり一晩中酒を飲んだり、夜明けまでお酒を飲んでいる場合があり、酔った人に対する暴力と恐怖の恐怖を感じる場合があります。これらの部分に敏感な方の場合には、避けることをお勧めます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *