「寝てばかりの構造、物足りなさ」 …の位置・安全性は魅力的

今回は、韓国のゲストハウス状況について書いてみたいと思います。

韓国でゲストハウス市場が成長することができたのは、韓国を訪問する外国人観光客が大幅に増加したためです。
増える外国人観光客に比べて宿泊施設が非常に不足していたこと。さらに、自由旅行者が増え、高価なホテルや不快なモーテルの代わりにゲストハウスが外国人観光客のための代替宿泊先として浮上した。

ほぼ、日本と同じですね。

外国人が見る韓国のゲストハウスはどんな姿でしょうか。

韓国、特に新村・弘大地区に位置し、ゲストハウスがヨーロッパや南米とは大きな違いがあり、
日本や台湾などのゲストハウスと似ていると言う。
韓国のゲストハウスは、 「アジアンスタイル」である。

ヨーロッパや南米のゲストハウスは、宿泊客集まることができるホールのような空間があり、その国を一人旅したときに、簡単に情報を得ることができますが、韓国などのゲストハウスは、このようなスペースがない場合、または狭いという指摘である。したがってコミュニケーションが難しいようです。

ゲストハウスの最大の利点は、様々な国の人々との関係を結んで友達を作ること」、しかし、まだ韓国のゲストハウスは、まるでモーテルと似て個人的な空間を強調するため、他の旅行者との関係を結ぶことが難しい。
ゲストハウスのスタッフやツアーリストがゲスト同士より親密な関係を形成することができる場所にしてほしいという希望があるようです。

多くの外国人観光客が韓国を旅しながら感じた最大の不快感、言語の問題についても多少不便だそうです。
旅行者主に使用される言葉であるため、英語は非常に重要である」、
関係を結ぶスペースが不足している状況で、ゲストハウススタッフとのコミュニケーションがない助けを受けなければ非常に難しい」。

なるほど。 日本も人気のゲストハウスは立派なbarやcafeがあったり、コミュニケーションスペースが充実されてますよね。
勉強になりますね。

今後、このように韓国のゲストハウス事情も記載して行きたいと思います。
記事やブログなどに書いているものを、自分なりに理解したうえで書いているものです。
少々固い文章が入っている場合もありますが、ご理解お願いします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *