日本・エクアドル、大型地震拡散の信号?!!!

日本エクアドルで相次いで規模7日を超える大地震が発生し、「火のリング」が50年ぶりに再び動いている。

しかし、ほとんどの地質学者は、二つの地域で発生した地震は、性格が異なりお互いに影響を及ぼし見る難しい分析している。
また、日本とエクアドルの地震により、今後の地震活動が増加することはないかという懸念にも「そうではない」と伝えた。

今回の地震が発生した日本とエクアドルの距離9000マイル(約1万4484㎞)に達する。
地質学者によると、お互いに影響を及ぼした表示には余りにも遠い距離であると伝えた。

日本とエクアドルの地震は、似ているように見えるが、性格が違う。

エクアドルで発生した規模7.8の地震は、典型的なメガトラストだ。
メガトラストとは一本の地震版の他の地震板の下に入ったときに発生する地震である。
今回のエクアドルの地震は、重い海洋プレートが相対的に軽い大陸プレートの下に入り、発生した。

1964年アラスカ地震(規模9.2)、1960年チリ地震(規模9.5)などが代表的なメガトラストだ。

一方、日本の熊本県に発生した地震は、メガトラスト形ではない。
浅い地層で断層が垂直ではなく、平行方向に力を受ける走向(走向)移動断層地震である。

一方、地質学者たちは、今後の地震が増えることはないかという懸念にも否定した。

米国地質調査所(USGS)によると、1年に発生した地震の回数は非常に一定である。
7.0と7.9の間の地震は、1年に平均15回発生する。
これは、月に一回以上という意味で、過去16日のように、一日に二回起こることもある。

日本とエクアドルの両方の人口密集地域で地震が発生したが、
太平洋の真ん中で、このような規模の地震が発生した場合は知られていない可能性もあるとのこと。

Jay

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *