ゲストハウスを個人事業主でやるか、法人設立してやるか。

ゲストハウスを個人事業主でやるか、法人設立してやるか。

私は、金融関連の仕事をしております。
今は、個人事業主でやっておりますが、
最初、金融業界に入ったのは、正社員からスタートしました。
会社員を数年経験して、投資会社を設立し2年ほど経営後、譲渡して、
今は個人でやっております。

年齢の割に波乱万丈の生き方をしています。
ゲストハウス Omoide Houseをやることも、結構普通ではないかもしれません。

ゲストハウス Omoide Houseをどのように経営していくかを考えております。
法人か、個人か。

経営するには、正直どちらでも問題はありません。
税金関連、事務関連、出口計画(Exit Plan)(過去記事参考)
などに影響してきます。

一番大きいのは、税金だと思います。

tax

個人の場合
5〜40%の間で所得に応じて変化します。

課税される所得金額 税率

  • 195万円以下 5%
  • 195万円を超 330万円以下 10%
  • 330万円を超 695万円以下 20%
  • 695万円を超 900万円以下 23%
  • 900万円を超 1,800万円以下 33%
  • 1,800万円超 40%

法人の場合
課税される所得金額 税率

  • 所得800万円以下 15%
  • 所得800万円超 25.5%

ぱっと見るだけでも、個人の方が不利な感じしますね。
正確なメリット・デメリットについて、説明します。

 

個人事業主が法人化をした場合のメリット

  • 金融機関からの信頼度がアップ!

これ、実は半分本当で半分嘘です。
会社の希望が小さいと、信頼度はそこまで変わりません。
倒産の可能性があるから、経営者は金融機関によくない影響をします。
規模によりますが、個人事業主より、法人の方が、信頼が高いです。

  • 税金が個人より安い

上に書いた通り、かかる税金が低いです。

  • 給料所得控除が使える。
  • 退職金を支給できる。
  • 社会保険、厚生年金が使える。
  • 決算日を決められる。

個人事業主が法人化をした場合のデメリット

  • 設立時の費用発生
  • 法人維持費発生
  • 利益が低い場合、個人よりも多く払うことになる
  • 倒産したら、金融機関利用に制限がかかる。
  • 経費に制限がある。

法人になったら、これが一番よくないのではないかと思います。
個人事業主の場合は、業務として使用したなら、上限なく経費で回せますが、
法人では、交際費は、50%までしか経費として認められません。
とりあえず、こんな感じのメリット・デメリットがありますが、
みなさんは、事業する際はどちを選びますか??

312313123

Okamiと相談した結果は、ゲストハウス Omoide Houseは法人化します。
従業員も雇いたいし、事業拡張を目指します。
なお、外国人なので、金融関連で信頼度が低くなると事業拡張も制限があるので、
法人化をすることしました。

法人化するには、土地が必要で、土地を買うには、融資が必要なので
しばらくかかりますが!!!

頑張ります!

Jay

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *