Google Webmaster Toolsで、構造化データでエラーが起きる!

Google Webmaster Toolsで、構造化データでエラーが起きる!

ブログを開始してから1ヶ月が経ちました。
たくさんの事を調べて、最適化に臨んでいます。

よくわからない世界だったので、覚えることがたくさんですが、
とりあえず、一つずつやっていきたいと思います。

Google Webmaster Toolsで、ブログの状況を確認しています。

インデックスを貼ったり、トラフィックを確認したり、
クロールがちゃんと来ているかも確認しています。

そこで、今日は構造化データに起きたエラーについて書きたいと思います。
wordpressは、前から少し触っていました。
でも、エンジニアとか、IT関連者ではないので、コードを書くのはできません。
wordpressでよく使われる用語に慣れているだけでした。
フックとか、single.phpに何があるとか、、初歩的なことしかわかりません。
だから、この記事を読んでいただくと、おそらく同じ悩み初心者の方は解決できたり!!??するかもです。

error
1.構造化データエラーが発生する原因
正確なことは、よくわかりませんが、
wordpressを使うと絶対に出てしまうエラーのようです。

post_class()を使うことで、その中の属性がhentryとなり、起きるとかとか。。。
よくわかりません。

とりあえず、post_class()が悪さをしていることと、hentryいうのが不要という事はわかりました。

で???どうすればいいか?

post_class()を使っている部分を削除すればいいらしいです。

修正前
<article <?php post_class(); ?>>

修正後
<article>

・・・・・・・・・これって修正なの??
本当にpost_class()だけ消せば問題ないの??
そもそも、post_class()消していいの??すごい大事なものらしいけど。
という疑問が生まれて、もっと調べてみました。

google先生は教えてくれました。

hentryだけを消しなさい。

そうです。
原因は、hentryこの子ですから、hentryこれを消します。
どう消すの??

私は、IT関連の人ではないです。
テーマの配下にfunctions.phpの一番下に
以下の部分をコピーペーします。

function remove_hentry( $classes ) {
$classes = array_diff( $classes, array( ’hentry’ ) );
return $classes;
}
add_filter( ’post_class’,’remove_hentry’ );

意味は、array_diffというものが、配列を比較して、存在しない配列だけを返却するらしいです。
だから、意味は、hentryを除くということになるのです。

あら、、、、、頭のいい人たくさんですね。

とりあえず、functions.phpに入れてみて様子をみたいと思います!!

Jay

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *