ゲストハウスのウリの条件

ゲストハウスを利用する人は、以下の物でどこで泊まるかを決めていると思う。
個人的に考えたものなので、ふんーーーーぐらい、思ってください。

스크린샷 2016-03-18 오후 1.01.45

・立地

ゲストハウスでは、これはどのぐらい重要なのか。
さすがに、観光地と離れすぎると来客しにくいのは確実だが、
それなりのメリットがあると行くかも? でも、、、不便なのは不便。

京都の人気店を調べると、観光地が東西南北にあるから、場所が様々である。
ただし、京都駅徒歩15分以内だと、だいぶ、立地を利用した経営ができそう。

・外観

最初のウケはいいかと思う。
サイトに公開する写真など、判断する材料になると思う。
京都だから和風がいいのか、目立つように洋風がいいのかは不明だが、
外見は綺麗な方がいいと判断する。
ただし、大きく影響をするかというと、そうでもないかも。

・内装

外観と同様に最初のウケはいいと思う。
行くか行かないかの材料となる。
外観と違って、リピート率に感じても影響するので、
結構、重要度高めだと思う。
ただし、個性すぎるとか、和すぎるのは、外国人にとって不便さだけを与える可能性があると思うので、
個性を出すのはほどほどで、利用の便利さや、町の雰囲気、国らしさをアッピールするのがポイントかと。

・価格

リーズナブルであることが大事。
高くも、安くもないいい価格。
外観、内装に合う価格。
ゲストにとって、一番大事かもしれない。
コンセプトはすごく気に入って、外観、内装もいいのに、
高すぎると来ない可能性がある。
安すぎると、価値が低くなり、利益率に影響する。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *