ゲストハウス 出口計画(Exit Plan)

exit

ゲストハウス経営を考えながら、さらに考えが膨らんだことがあります。
ゲストハウス経営を始めてから、その後は何を目指すのか。」

起業をするためには、出口計画(Exit Plan)というのが必ず、必要とされます。
事業計画書というものに記載もしないといけませんし、
事業のためにも、大切な部分です。

目先のことしか考えられないと、事業が発展しないし、老化していきます。
そのためには、何を目指すのかを明確に決めておく必要があります。

まだ事業が立ち上がってもなく、
どうなるかわからないのに、さらにその未来を考えてどうする??と考える方もいると思います。

もちろん、思い通りにいかない場合もあると思います。
想定外事ばかり起きるかもしれません。

ただ、ビジネスをするためには、計画や多くの情報が必要とされます。
このBlogもそうです。

きっと、ゲストハウス Omoide Houseのオープン目の前にこのBlogを確認したら、準備してきた過去の私たちと、
計画に沿って進んできた現在の私たちがいるはずです。
その記録のためでもありますから。

Exit Planを今から考えておかないと、初期予算や場所、コンセプトなど何も決まりません。

売却する方もいるだろうし、継続する方、多店舗運営などなど
いくつかの選択しがあると思います。

私たちは、今のところでは、多店舗運営を目指して頑張りたいと思います!

Jay

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *