ゲストハウスで、人生が変わるかも!

京都で、ゲストハウスをやりたいと思います!

これから、なぜそう思うようになったのか。
このブログで書いていきたいと思います!

私たち(Jay & Okami)は、結婚1周年記念として、
東京から京都に行きました。flowers-36253_1280

それは、京都に行くというよりも、
車で旅をする企画から始まりました。
実は、私とOkamiは、免許取得したのが1年前なんです。
葉さんなんですー 😕

2泊3日のうち、京都で滞在したのはたったの1日だけです。
そこで、出会った素晴らしいゲストハウス。(リンクはこちらをー>fujitaya Kyoto )
そこで、出会った優しく面白い人たち
この機会は、私たちの人生が変わる瞬間になるかもしれません。

正確には覚えてはないものの、運転中に
私たちもゲストハウスできるのではないか??と思いました。
わくわくが止まらず、京都から大阪まで約50分間、
ゲストハウスをやらないといけない理由を語りました。
慎重なOkamiも、楽しく自分の思いを語りました。
これが、きっかけで話が進んでおります。

通、ゲストハウスを経営されている方は、
外国旅行をたくさんされた日本の方が来日する外国人向けに経営されていることが多いです。

だが、私たちは二人とも外国人です。
日本で生活する生々しい外国人です。
日本で、10年以上生活しています。
日本人が感じられないことを私たちは感じている!
これを世界の人に伝えよう!!
と思っております。

また、私は金融のビジネスをやっており、
OkamiはIT関連コンサルの仕事をしております。

まったく関連のない職業を持ちながらも、
私はいつも、Okamiと仕事ができるものないかなぁと考えてました。

これがこれが!!ゲストハウスなら可能!!

私は、「今日より素敵な明日を過ごす」がmottoです。
Okamiは英語で生活する環境を望んでいます。

これで、
京都で、今日より素敵な明日を英語で過ごせます!

わくわくしながら、準備中です。
現実化するためには、たくさんの壁がありますが、
頑張ってやっていきたいと思います!

いつやるか? 今でしょ!!!

Jay

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *